福島県版、災害・震災時の血糖管理マニュアルを作成しました


災害や震災で被害に遭われたあるいは今現在、被害にあわれている多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。福島県では、2011年3月11日の東日本大震災や2019年の大雨洪水災害、2020年新規コロナ感染症等で、多くの方が被害にあわれました。なかでも糖尿病の方々は、生活環境の変動が大きく影響しコントロールが悪化したり、糖尿病合併症・併発症(網膜症、腎症、心臓血管病、感染症等)がすすむ懼れ(おそれ)があります。そこで、東日本大震災のとき福島県内で糖尿病診療にあたられた、重富秀一先生、佐藤義憲先生、種田嘉信先生、梅津哲孝先生、とともに「災害・震災時の血糖管理マニュアル」を作成しました。NIPRO様ご協力ありがとうございました。糖尿病をもつかたとそのご家族、医療関係の皆様にご覧いただき合併症・併発症予防の参考にしていただければと思います。

2020年7月15日 島袋充生

災害・震災時の血糖管理マニュアル_2020.0710

災害対策に関する参考サイト
日本糖尿病学会 糖尿病医療者のための災害時糖尿病診療マニュアル
日本糖尿病協会 糖尿病患者さんの災害への備え
日本IDDMネットワーク 災害時の対応

トップへ戻る